ATSUMA CRAFT

北海道
胆振東部
地震

発生日時 平成30年9月6日 午前3時7分
震源地 胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)
最大震度 震度7
マグニチュード マグニチュード6.7
震源の深さ 37km(暫定値)
死者数 42人
建物全壊 462棟

9月6日を
忘れない.

震災を乗り越え、復興に向かっている
厚真から地元の木材を使った新たなプロダクトが
生まれようとしています。

地域の宝でもある林業を守り、
厚真町の復興を前へ進めるため。

私たちはこのプロジェクト名を
「9月6日を忘れない」という
思いをこめて「96%」にしました。

PEOPLE

people


<写真左上から>

中川 貴之 / 木の種社 代表。北海道札幌市出身。大学時代に森林の世界に出会い林業現場を9年・広葉樹製材の現場を4年経験。森林とエンドユーザーをつなぐ製材加工での起業をすべく厚真町地域おこし協力隊に所属し「木の種社」を設立。

永山 尚貴 / 森林の入り口 代表。福島県出身。いわき市で有機農法で育てたぶどう園を開園した翌年、原発事故に遭遇し農業を断念。県内での生活に不安を覚えていた時に見つけた厚真町地域おこし協力隊林業支援員に応募し移住。その後習得した林業や樹上伐採の技術や趣味の木工を生かして、大人や子どもが楽しく森林へ足を踏み入れるキッカケづくりを日々思案中。

丹羽 智大 / 丹羽林業。1987年、厚真町生まれ。宇都宮大学農学部森林科学科卒業。現在、1958年に祖父が創業し1990年に法人化された『有限会社丹羽林業』に3代目次期社長として勤めている。2019年、地域の森林づくりの後継者である北海道青年林業士に認定された。

<写真左下から>

西埜 将世 / 西埜馬搬 代表。道が無くても、木々の間を縫うように丸太を搬出することができる利点を活かして、馬の力を使って、間伐搬出作業の仕事をメインに起業。その他、教育分野での働く馬の活用、ワイン畑での馬耕など、今の時代に合った形でのワーキングホースの活用の形を試行している。

鈴木 大輔 / ATSUMA CRAFT WOOD IKOR代表。1981年北海道室蘭市出身。2017年厚真町に移住し胆振東部地震を機に木工の世界へ飛び込み一から勉強し起業。色々な事情から捨てられてしまう木を有効利用したり地元厚真町で育った木にこだわり作品を製作。

坂野 昇平 / 千歳市出身1993年生まれ。岩手大学大学院農学研究科共生環境専攻卒業。専門は小規模林業。4月より地域おこし協力隊として厚真町に移住予定。人が集う森づくり・森林空間デザインができる林業事業家になることが目標。薪割りが好き。







PRODUCTS

厚真の木材を使った新たな取り組み

北海道厚真ならではの、新しいアイテムを作るため、ただいま開発中です。

VOSA HOOK(ボサフック)

vosahook
vosahook
vosahook
vosahook
vosahook

 
その名も、“VOSA HOOK”。「ボサ」とは「丸太以外の枝打ちされた枝など」のことで、通常は捨てられる枝をフックへとアップサイクルしたプロダクトが「VOSA HOOK」です。
価格・発売時期:未定 ※デザイン・仕様は変更になる場合があります。





ITATANI(イタタニ)

vosahook
vosahook
vosahook
vosahook
vosahook
vosahook
vosahook

 
その名も、“ITATANI”。「イタタニ」とはアイヌ語で「まないた」のこと。北海道ならではの動物をモチーフに作られたカッティングボード(まないた)が「ITATANI」です。
価格・発売時期:未定 ※デザイン・仕様は変更になる場合があります。

EVENT

木が呼吸し森が循環する
プロダクトデザイン

北海道厚真町から生まれた「astuma96%」の次なる挑戦

event

冬は雪に囲まれ、馬たちが木を運び、一度傷ついた木々が人の手によって息を吹き返す。伐採した森に植樹をし、雨が降り、地中で根を張り、森を作る。
自然と人と動物が、折り重なって、循環するこの地域は、北海道厚真町。
震災から2年目となる、昨年9月6日に開催し幕を開けた「atsuma96%」は、新たなメンバーを迎え入れました。そして現在、デザイナーの方々と共に、循環するプロダクトを育てています。
イベント当日は、プロダクトの全貌を公開予定。
デザイナーの方々だけでなく、まちづくりに関わっている方、森林保全に取り組んでいる方、循環型社会に関心がある方など、どなたでもぜひご参加ください。

【イベント概要】

会  期:
2021年2月28 日(日)
時  間:
14:00〜16:00
開場時間:
13:45
会  場:
オンライン(ZOOM)
料  金:
無料
事前申込:
申し込みはこちら
主  催:
北海道厚真町 ATSUMA 96% PROJECT事務局
流  れ:
1 主催者挨拶・参加者チェックイン
2 厚真町について
3 これまでの活動報告
4 新プロダクト製作秘話
5 団体設立にむけての発表
6 参加者の皆さんとの座談会
7 今後の活動予告
8 写真撮影
  
参加メンバー:
中川 貴之(木の種社 代表)
鈴木 大輔(ATSUMA CRAFT WOOD IKOR 代表)
西埜 将世(西埜馬搬 代表)
永山 尚貴(森林の入り口 代表)
丹羽 智大(丹羽林業)
坂野 昇平(地域おこし協力隊 (予定))
宮 久史(厚真町役場産業経済課 主幹)
渡辺 洋平(厚真町役場産業経済課 主査 役場林務担当)
酒井 義夫(ろくろ舎 ディレクター)
小林 一毅(グラフィックデザイナー)
イトウケンジ (MUTE)
佐藤 かつあき(Bridge Kumamoto 代表理事)
村上 直子(Bridge Kumamoto 理事)
Heeseok Han(SHIFT creative)
中屋 祐輔(dot button company 代表)
石川 陽子(dot button company)
奥田 彩亜(dot button company)
木村 紗奈江(dot button company)
大塚 智子(Blue Empathy)